害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-ハクビシン捕獲方法

ハクビシン捕獲方法

ハクビシンが家屋の屋根裏に住み着いた場合、ハクビシンの捕獲する方法としては2種類あります。それが、「ワナ捕獲」と「手取り」になります。ワナ捕獲は文字どおり、虎バサミや檻カゴなどの罠を用いる方法です。 手取りは、素手や網を用いて生け捕る方法です。 どうしても生け捕りにできない場合は、空気銃などでハクビシンを撃ち殺す場合もあるようです。 ワナ捕獲には資格が必要不可欠 最も効果的と考えられるハクビシンの生け捕り方法は、檻カゴや虎バサミなどを用いるワナ捕獲。 ただし、これを行うには国家資格である狩猟免許が必要です。 ワナ捕獲をする場合は、前もって駆除業者にその旨を伝え、狩猟免許をもった施工士がいるのかを確かめておきましょう。 生け捕りにする ハクビシンを「生け捕りにする」のも基本的な駆除方法の1つです。 ここでは、捕獲方法や手続きの仕方、必要な資格についてお教えしていきます。 有害鳥獣駆除申請の手続きが必須 生け捕りは、追い出しとならぶ基本的なハクビシン駆除方法の1つですが、捕獲を行うにはまず事前に、都道府県または市区町村の担当部署に有害鳥獣駆除の申請を済ませておかねばなりません。 なぜなら、ハクビシンは、日本国内の哺乳類・鳥類保護と狩猟の適正化を定めた「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」によって、保護されているからです。 駆除の許可が下りるのは、申請書類を提出して2週間~1ヶ月といったところです。 原則として駆除申請を行うのは、業者に駆除を依頼する立場にある私たちですが、委任状を書いたうえで業者に代行してもらえる場合もありますので、事前に業者に確認をとってみて下さい。 捕獲方法は2種類 家屋の屋根裏にハクビシンが住みついた場合、捕獲する方法としては2種類あります。 それが、「ワナ捕獲」と「手取り」になります。 ワナ捕獲は文字どおり、虎バサミや檻カゴなどの罠を用いる方法です。 手取りは、素手や網を用いて生け捕る方法です。 どうしても生け捕りにできない場合は、空気銃などでハクビシンを撃ち殺す場合もあるようです。 ワナ捕獲には資格が必要不可欠 最も効果的と考えられるハクビシンの生け捕り方法は、檻カゴや虎バサミなどを用いるワナ捕獲。 ただし、これを行うには国家資格である狩猟免許が必要です。 ワナ捕獲をする場合は、前もって駆除業者にその旨を伝え、狩猟免許をもった施工士がいるのかを確かめておきましょう。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ