害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-害獣が屋根裏に住みつく理由

害獣が屋根裏に住みつく理由

食料を得やすい屋根裏

ハクビシンやイタチなどの害獣は、屋根裏など私達の生活圏に入り込み害をもたらします。以前は自然の豊かな地域で被害が報告されておりましたが、最近は環境の変化によって都市部でも害獣の被害を聞くようになりました。それでは害獣が屋根裏に住みつくのはなぜでしょか。まず生存に必要な食料を得やすい環境だからだと言えます。寒い冬の間は虫の数が少なくなりますが、屋根裏は常に暖かいため害獣のエサとなる小動物や昆虫が集まってくるのです。また人が生活していると生ごみや残飯が発生するため、それを食料にすることがあります。もし農作物を家の畑で育てている場合、収穫前の野菜や果物を害獣に食べられてしまうという被害にもつながってしまいます。

暖かく快適な屋根裏

屋根裏はイタチやアライグマなどの害獣が住むのに快適な環境になっています。もともと害獣は野外の洞窟や、自分で掘った穴で生活しています。屋根裏はいつでもある程度暖かく、台風が来ても雨風にさらされることがないため、住むのには最適な環境になっているのです。最近は住宅の断熱性や気密性が高まっているため、動物にとっても快適な場所になっています。害獣が屋根裏に住みつかないようにするためには、まずは侵入口を断つことが必要です。配水管のつなぎ目や通風口の隙間など、少しでも空間が空いていれば害獣は侵入してきます。害獣駆除を行う際は、再発しないように進入路についても対策を行うことが重要になります。

害獣がもたらす被害

屋根裏に害獣が住みつくと、夜中に足音がして騒音に悩まされるだけではありません。害獣は糞尿を屋根裏にするため、大事な家の建材を腐食させてしまいます。天井にシミができてきた場合は注意が必要です。糞尿の被害だけではなく、害獣が持ち運ぶ寄生虫や病原菌にも注意が必要です。ダニやノミが家の中に広がると、喘息などのアレルギー症状を引き起こす危険性があります。アライグマやハクビシンが屋根裏に住みついたら、なるべく早く業者に依頼をして駆除を行うことをおすすめいたします。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ