害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-害獣の環境適応能力

害獣の環境適応能力

環境適応の能力とは

環境適応には色々な意味がありますが、その1つに生物の生存の可能性や繁殖する数を増加させられるような特徴があるというものが含まれています。つまり環境適応能力が高いと、どこでも生きることができて繁殖をすることができるのです。
この点で害獣たちは環境適応の能力が高いと言えます。
特にアライグマ、ハクビシン、イタチなどは生息地が北海道から九州地方まで幅広いです。寒い地域から暑い地域まで活動することができるということですので、どこででも生存や繁殖ができます。
外敵が少ないという理由もありますが、害獣たちのこの環境適応の能力の高さは害獣駆除の必要性を更に高めているのです。

適応の能力が低いと

環境適応への能力が低いと、少し気温が変わっただけでも体調を崩してしまいます。病気になることもあります。
動物園などで海外からやってきた動物の体調が悪化してしまったり、運搬方法のミスといったストレスによって、移送した後に体調を崩してしまったりすることがあります。水族館の魚などでも同じです。
このように繊細な動物がいるということを考えると、どこでも生息しているアライグマたちのような野生動物の異常さが分かるかと思います。

能力が高いための弊害

害獣たちの環境適応の能力が高いと、どこででも生きることができて、個体数を増やすことができます。全ての動物がこのように能力が高いと均衡するのですが、一部の害獣の環境適応の能力が高いことによってその地域の生態系が破壊される危険性があるのです。
アライグマやハクビシンたちが生まれたところから別のところに侵入すると、元々そこにいた生き物の生活が圧迫されてしまいます。しかし害獣は環境適応能力が高いためにどこでも生活や繁殖ができるので、餌や住処の減少から自然と在来種の数が減ってしまう生態系被害が発生するのです。
特に外来種であるアライグマの被害は酷く、害獣駆除によってバランスをとらないといけません。ペットとして飼われていたイタチなどが野生化することでもバランスの崩壊が起こります。
このために害獣駆除は必要とされているのです。環境適応の能力が高い害獣たちは、どこでも出没してそこの環境を荒らしてしまうために害獣駆除をしなければいけません。
害獣の環境適応能力の影響から生態系を守るための予防としても機能しているのです。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ