害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-間接的な被害もあります

間接的な被害もあります

目に見えないところで進む被害

害獣といえば有名なのがイノシシなど大きなものですが、都市部で現れるポピュラーな害獣は、体が小さなハクビシンやイタチ、アライグマといった動物です。しかし、体は小さくても様々な被害をもたらします。その被害は、目に見える部分での被害だけでなく、見えない場所で徐々に進んでいるのです。これらの被害を防ぐためにも、早め早めのイタチ退治やアライグマ駆除などが必要不可欠です。

害獣とともにやってくる害虫

害獣の体の表面には、ダニやノミがたくさん生息しています。通常はこれらの害虫は、ハクビシンの血液などを主食にしているのですが、人家に宿主である害獣が侵入すると、それらが他の動物、つまり人間に宿主を変えることが考えられます。ダニやノミは吸血性の害虫ですから、放置しておくとそれらに刺されて、大変痒い思いをすることになります。また、ハクビシンなどの巣にある餌を求めてゴキブリが侵入してくることも考えられます。ゴキブリは繁殖力旺盛な害虫なので、放置するのは大変危険です。住宅中に害虫が広がる前に、その元となっている害獣の駆除を行なうのがおすすめです。

早めの対策が重要です

これらの害獣駆除は、実は大変むずかしいものです。実はイタチもハクビシンもアライグマも、自分で捕獲したり、毒餌などで駆除することが出来ない保護動物です。ハクビシン駆除の方法や、専用の捕獲罠も販売されていますが、許可を得ていない素人が駆除行動を行うことは禁止されている上、先ほど上げた害虫などによる被害も考えられるため、迂闊にイタチ退治やアライグマ駆除を行なうことは危険です。まずはハクビシン駆除の方法などに精通している専門業者を探して依頼するのがおすすめです。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ