害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-害獣の被害予防に効果的な対策について

害獣の被害予防に効果的な対策について

いつ被害に遭うか分かりません

ハクビシンをはじめとする害獣は果物やトウモロコシなどの食べ物を見つけると、平気で獣害を起こす生き物です。とは言え、お住まいの方が24時間ずっと見張っておくわけにもいかないので、早急に害獣が寄り付かない環境を整える必要があります。ですが、実際、害獣駆除にはどんな方法があるか分からない方が多いのではないでしょうか?そうなると、害獣駆除を行ったところでどんな効果が得られるかまでは分からないですよね?ここでは、そんなお悩みを持った方のために、有効な駆除方法と効果についてご紹介しますので、ぜひご参考ください。

害獣駆除で使える方法

害獣駆除と言っても、ハクビシン・アライグマ・イタチは駆除鳥獣保護法に指定されているので、下手に罠を仕掛けて傷つけてはいきません。ですから、害獣駆除には「相手を傷つけない」という前提で行う必要があるのです。例えば、ストロボがあります。ストロボは写真撮影で使われることが多いですが、害獣駆除で使うことも少なくありません。夜行性である害獣が夜中に忍び寄った時に光を照らせば、害獣は驚いて逃げていくのです。これはハクビシンの駆除だけでなく、アライグマ・イタチ駆除でも使える方法と言われています。
また、フェンスを取り付けるのも有効です。害獣駆除用のフェンスがホームセンターなどで市販されているので、手軽な害獣対策として人気があるものです。

忌避剤もおすすめです

ただ、ストロボもフェンスも絶対獣害を防ぐことができるかというと、そうとは限りません。ストロボの場合、夜間のみ有効な方法ですので、昼間ですと全く効果は得られませんし、フェンスもジャンプ力のあるハクビシンですと、飛び越えられてしまうことがあります。
これらの方法の欠点を考えた場合、選択肢として忌避剤があるということを忘れてはいけません。忌避剤とはその名のとおり、害獣の寄りつきを防ぐ効果がある薬剤になります。例えば、人間の場合、嫌な臭いがする場所は近づきたいとは思わないものですが、それと同じように、臭覚忌避剤も害獣にとって嫌な臭いを含めているので、長い間、害獣駆除の効果を得られることが可能なのです。ご自身で使うのも良いですが、害獣駆除に特化した業者ならば、忌避剤の散布場所なども含めて効果的な対応が期待できるかもしれません。一度業者に相談して、どんな薬剤を使うのか、訊いてみると良いでしょう。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ