害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-ハクビシンの駆除と対策をわかりやすく解説します

ハクビシンの駆除と対策をわかりやすく解説します

屋根裏に潜む害獣たち

害獣とは、簡単に言えば人間の生活に何らかの害をもたらす哺乳動物のことを言います。その中でも、好んで屋根裏に住み着く害獣を「屋根裏害獣」と呼ぶことがあります。代表的なものはハクビシン・イタチ・アライグマといった動物で、いずれも高い運動能力を持っており、木や電線などを伝って高いところから侵入する事も可能です。
この中でも比較的大きく、ほぼ全国に生息している要注意の害獣がハクビシンです。イタチのようにスリムな体を持っており、頭が入る程度の隙間があれば浸入してしまいます。見た目の特徴としましては、ハクビシン(白鼻芯)の名のとおり、顔の中央に白い筋が走っています。一目見れば、すぐにそれとわかるでしょう。見た目には可愛いかもしれませんが、ハクビシンは駆除が必要になるような動物である事を忘れてはいけません。

ハクビシンによる被害とは?

イタチやアライグマにも共通しますが、ハクビシンの代表的な被害は糞害です。住み着いた屋根裏に排泄を繰り返すため、天井から悪臭やシミが広がる事になります。ハクビシンには「ため糞」という、同じ場所に糞尿をする性質があるため、蓄積した糞尿が天井を傷める事もあります。また、放置した糞尿は病害虫の発生源にもなります。夜中になりますと天井を駆け回るため、その騒音から強いストレスを感じるようになる被害もあるようです。
ハクビシンは果物などの甘いものを好みますが、雑食のため農作物が食害を受けることがあります。また、家畜やペット、場合によっては人間も襲われることがあります。ハクビシン自体にも多くの雑菌が含まれているため、そこから感染症を患うこともあります。このような被害から、ハクビシンの駆除が必要なのです。

ハクビシン対策を講じる

ハクビシンは鳥獣保護法によって保護されているため、勝手に捕獲したり殺したりすることはできません。しかし、全く打つ手が無いというわけではありません。害獣駆除業者に依頼するのが一番ですが、各家庭でもある程度の対策は可能です。
最も大切なのは、ハクビシンを侵入させないことです。そのためには、ハクビシンの侵入経路を塞ぎ、庭木などの足場を除去します。そして生ゴミや農作物など、食料となるものを片付けます。フェンスを設けるという方法もありますが、その運動能力から越えられることも考えられるため必須ではありません。
物理的な対策以外では、感覚的な対策もあります。代表的なものが忌避剤で、ハクビシンの苦手な臭いで遠ざけます。特にニンニクや石油系、木酢液の臭いを嫌うようで、設置方法によっては家の中から追い出す事も可能です。
これらの対策は素人の方でも簡単に行う事ができますが、その反面、効果が現れない事も多いです。ハクビシンの駆除は技術的にも法律的にも容易ではありませんので、害獣駆除業者に全て依頼するのが最善の方法と言えるでしょう。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ