害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-害獣被害に遭いやすい家

害獣被害に遭いやすい家

どういった家で被害が出やすいのか

害獣の被害というと行動範囲の中での糞尿や、害獣に襲われる危険性といったものがありますが、他には農作物に被害が出るということがあります。草食の害獣だけではなく、雑食の害獣によってせっかく作った農作物が荒らされてしまう危険性があるのです。
こうした獣害を防ぐためにもハクビシン駆除といった害獣駆除が必要になりますが、まずどういった家で被害がよく出るのでしょうか。

1.住処として
まずは住処になりやすい家です。古い家で入り口になりそうな損傷がある家には獣害を出す害獣が住み着く可能性が高くなっています。

2.餌場として
家庭菜園などで農作物を育てている、果樹園などで農作物を育てているという場合もよく獣害が発生します。特に果樹園の場合は、害獣が甘いものを好むために被害が酷くなる傾向があるのです。
また耕作放棄地が増えているということも害獣が立ち寄る場所が増えている要因となっています。

3.入りやすいところ
害獣駆除を恐れ、害獣はひっそりと侵入します。侵入箇所としては、例えば庭が背の高い雑草だらけの場合はそこに身を隠しながら入り込めますし、背の高い木が屋根近くまで枝を伸ばしているとそこが侵入口になることもあるのです。

紹介した要素を持つ家は害獣がよく立ち寄る可能性がありますので、なるべくこういった要素はなくしていきましょう。菜園や果樹園の場合は、農作物を守るために害獣駆除などの対策を徹底する必要があるのです。

どれくらいの被害が出ているのか

害獣による農作物の被害は毎年200億円ほど出ています。非常に大きな数字です。害獣たちはあの手のこの手で被害を出そうとしてきます。ハクビシン駆除などで対応していますが、それでもなかなか被害額は減りません。被害額の平均は200億円ほどで、イノシシ、サル、タヌキ、ハクビシンなどによるものが多くなっています。
一か所で被害が出てしまうと、周辺環境にも被害が出てしまう可能性が高いです。もし一か所で獣害が発生した場合ですと、近くの場所でもまた被害が出る可能性が高いので被害が大きくなる場合があります。

どうやったら対策をすることができるのか

獣害を防ぐには害獣駆除を地域で行う必要があります。被害が出た一か所だけを行っても、成功するかどうか分かりません。どこが害獣の住処になっているのかは分かりませんので、より精度を上げるためにも地域での害獣駆除がオススメです。
捕獲を含め、実施するのであればそのための教育や研修も必要となります。単独では難しいです。罠や追い払いといった方法も地域と協力をしていく必要もあります。
害獣被害が出やすい家は農家や家庭菜園をやっている家ですので、そういった家同士で協力体制を組むと害獣の被害を減らすことができるのではないでしょうか。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ