害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-町中で増え続ける害獣への対策

町中で増え続ける害獣への対策

害獣は町中にも

多くの動物達は、緑豊かな自然に暮らしているというイメージが強いかもしれません。しかし実際には、町中でも多くの動物を目にする事があります。鳩やカラスといった鳥類を見かける事もあれば、野良犬や野良猫などを目にすることもあるでしょう。しかし中には、人間に被害をもたらす害獣もいますので要注意です。
時折ニュースで取り沙汰されるように、野生動物が人間の居住エリアに踏み込んでくる事があります。そのまま町中や家の中に住み着いてしまう動物もいます。その中には人間に害をもたらす害獣が紛れ込んでいることがありますので、人が多い町中にお住まいの方も害獣被害にはご注意ください。

町中で見かける害獣の一例

近年は、町中でも以下のような害獣を見かけることが増えてきました。被害に心当たりのある方は、害獣駆除をお考えになられるとよろしいでしょう。

・ハクビシン
体長は50cmほどで、顔の中心に白い線が走っているのが特徴です。小柄な体ですが運動能力は高く、軽々とジャンプしたり、木々や柵などを登っていく事が可能です。そのため、ハクビシン対策を行っていなければ簡単に侵入されてしまう危険があります。
ハクビシンの駆除を早く行わなければ、大量の糞を蓄積されたり(ため糞)、農作物を食い荒らされる被害に遭ってしまいます。簡単なハクビシン対策では侵入を許してしまう恐れがあるため、必要であればハクビシン駆除にも踏み切らなければならないでしょう。

・モグラ
黒くずんぐりとした体と、大きな前足が特徴です。一生のほとんどを地中で過ごしていますので、目にする機会は少ないかもしれません。
しかしその地中で、知らず知らずのうちにトンネルを掘られているかもしれません。モグラ駆除をしなければ、地面が荒らされるだけでなく、地中の植物の根を切断される事があります。また、土壌を豊かにしてくれるミミズを大量に食べられてしまう事があるため、農家などはモグラ駆除が必須と言えるかもしれません。

・アナグマ
アナグマも穴を掘る動物として有名です。その規模は大きく、巣穴のことを「セット」と呼ばれることもあります。このセットは何世代にも渡って作られていき、主に農作物に被害をもたらします。

害獣駆除はプロにおまかせを

地上から地中からと、害獣達はどこから侵入してくるのかわかりません。たとえ分かったとしても、その侵入を防ぐのは簡単なことではありません。ハクビシンなら、柵や壁を登ってくることもありますし、もぐらは地中を通って入り込んでしまうこともあります。
しかし、全く対策が無いというわけではありません。
これらへの対策は、侵入防止、接近防止の各種対策を施すことで避けられる場合もあるので、ご検討されてはいかがでしょうか。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ