害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-害獣が寄り付く家の特徴

害獣が寄り付く家の特徴

害獣の侵入を防ぐために

人間の住宅は、人間が住みやすいように作られています。しかし、暖かく、食料も豊富にある人間の住宅は害獣たちにとっても居心地の良い空間になっている事が多いです。そのまま何の対策も行わなければ、すぐに害獣たちに住み着かれてしまう危険があります。
害獣被害を防ぐ一番の方法は、害獣の侵入を防ぐことです。そのためには、どのような住宅が害獣たちに住み着かれやすいの知る事が重要です。ここでは、代表的な害獣と、その害獣が寄り付きやすい誘引条件をご紹介いたします。

害獣が寄り付きやすい家とは

・ハクビシンの場合
ハクビシンは運動能力が高く、垂直の壁を登ったり、電線を伝うこともできるほどの身軽さが特徴です。天井裏に住み着く事が多く、ハクビシンを駆除しなければ住宅も大きなダメージを負ってしまいます。
ハクビシンは雑食であり、中でも果実を好みます。そのため、餌となる果実やジュースを放置していますと近寄ってくるかもしれません。また、隠れ蓑となる雑草は極力刈り取り、侵入経路となる木々の剪定も必要です。

・イタチの場合
運動能力の高さや雑食という点ではハクビシンと似ていますが、イタチの場合は動物性の餌を好むという特徴があります。そのため、イタチ退治をする前に、イタチの餌となる小動物などを退治する必要もあります。ペットを飼っている方は特に要注意ですが、イタチ退治は非常に危険なため、小さいからといって強硬手段に出るのは避けてください。

・ネズミの場合
ネズミも雑食のため、餌になる物が落ちていればネズミを引き寄せてしまいます。また、ネズミの巣の材料になるティッシュペーパーや衣類などを放置していますと、何度もネズミ駆除を行うことになるかもしれません。侵入口を塞いだ上で、餌や巣材になるものを片付けましょう。
また、ネズミはイタチの餌になることもあるため、ネズミ駆除をしなければイタチ被害にも悩まされる恐れがあります。

害獣被害を防ぐ一番の方法

基本的に害獣に住み着かれないためには、害獣の餌や巣の材料になるものを片付け、その上で侵入口を塞いだり忌避剤などを用いたりする方法が有効です。
しかし、それを実行するのは簡単なことではありません。農家なら農作物などを全て片付けておくのはほぼ不可能ですし、家全体の侵入口を全て塞ぐというのも、素人の方が簡単に行えることではありません。
害獣の寄り付かない家を実現するためには、やはり害獣駆除のプロの力を借りるのが一番でしょう。プロに依頼することによって、効率よく、手間もかけずに害獣対策を行う事ができます。また、既に住み着いてしまった害獣駆除もお手の物で、大量のネズミ駆除から厄介なハクビシンの駆除まで全ておまかせできるのです。お悩みの際は、一度ご相談されるのがよろしいでしょう。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ