害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-侵入経路を遮断して害獣被害を無くす

侵入経路を遮断して害獣被害を無くす

望まぬ隣人ハクビシン

害獣駆除というとよく聞くのは、イタチ駆除やアライグマ駆除ですが、それと同じくらい最近増えているのがハクビシン駆除です。ハクビシンは元々山間部に生息していた外来生物ですが、最近は都市部にも進出して様々なトラブルを起こしています。 その代表的なものが、住宅の屋根裏に忍び込んで、そこを巣としてしまうことです。
ハクビシンの鳴き声や足音はかなりうるさいので、夜間睡眠不足になってしまい、健康被害が出てしまうこともあり、特に最近はハクビシン対策が急がれています。
ハクビシンのような望まぬ隣人を駆除する方法はあるのか、ここで簡単にご紹介します。

侵入経路の遮断が肝

ハクビシンは、一般の方が勝手に捕まえて殺処分してもよい動物ではありません。野生鳥獣の保護の観点から、駆除には資格や申請が必要で、それをいちいち取得してからきりがありません。
つまり、一般家庭での害獣駆除は、害獣の侵入防止が主体となります。

ハクビシンの侵入経路の代表例
ハクビシン対策の第一歩、進入路の遮断。
しかし、そのためにはまず、どんなところをハクビシンが通ってくるかを知らないとゆいうこうな対策は難しいでしょう。
・天井・屋根裏換気口
屋根裏や天井の裏の湿気を逃がすために、日本の一戸建てでは外壁部にこれらの場所への換気口を設けている場合があります。この換気口には、通常は柵が取り付けられているのですが、いつの間にか外れていたり、長年の間にサビたり割れたりして穴が開いていることがあります。 ハクビシンは自分の頭さえ通り抜ければ、大抵の場所は通り抜ける事ができるので、小さい穴だと思って放置しておくと、底をハクビシンが出入りすることがあります。
・開けっ放しの窓や扉
意外と盲点で、室内に侵入される場合は、どこか開けっ放しの窓や扉があるかもしれません。特にトイレや浴室など、普段あまり人の居ない場所は要注意です。
・外壁に開いた穴
ガス管や水道管などを基礎に穴を開けて通した場合、通常はセメントなどで隙間を埋めてしまいますが、施工が荒く、隙間が空いたままになっている場合があります。特に気をつけたいのが、昔は配管があったのに、今は無いという開けっ放しの穴です。ハクビシンの鳴き声が床下や壁の中からしたら、一度家の外周を見ておきましょう。

ハクビシン対策は追い出してから

ハクビシン対策をする時に気をつけておきたいのが、家の中に入り込んでいるハクビシンを追い出してから行なうこと。もしハクビシンが家の中にいる状態で塞いでしまうと、ハクビシンが家の外に出られなくなり、そのまま餓死してしまう恐れがあります。そうなったら死骸の処理などの余計な手間も増えます。
一般的には燻煙式の殺虫剤を使うなどして追い出してから、ハクビシンが出ていったことを確認して、通風口などの隙間を埋めていく方法です。
この方法は万が一床下の居イタチ駆除やアライグマ駆除を行う場合にも使える方法ですから、ハクビシン対策以外にも役立ちます。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ