害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-罠で駆除できる害獣と出来ない害獣がいます

罠で駆除できる害獣と出来ない害獣がいます

鳥獣保護法に守られている害獣が居ます

害獣というと、とても範囲が広いですが、ここでは一般的に取り扱われるネズミ駆除、コウモリ駆除、ハクビシン駆除、アライグマ駆除、アナグマ駆除について見ていきます。
これらは全て、人間の暮らしに何らかの危害を及ぼす害獣です。害、とつくからには殺傷も含む様々な駆除方法を行っても良いものだ、と思われるかもしれませんが、それは害虫だけの場合で、害獣は少し複雑な問題になります。
害獣を含む日本の動物には鳥獣保護法という法律が関わってきます。実はハクビシンやアライグマ、アナグマ、コウモリは鳥獣保護法における保護動物なので、駆除とは言え勝手に殺処分できない場合があります。一部狩猟期間には殺傷できるアナグマのような例外も居ますが、基本的には、ネズミ以外の害獣は捉えて殺処分するような駆除方法は取れない場合がほとんどで、もしできたとしても、市町村への申請や捕獲後の安楽死の準備など、非常に手間が掛かるため、ネズミ以外は基本的に「追い出す」ことが駆除の目的となります。

追い出すための方法について

コウモリ駆除、アライグマ駆除、アナグマ駆除、ハクビシンの駆除は、殺傷を伴わない方法で行なうことが一般的です。これらは家の中や敷地内に巣を作り、農作物や、酷い時には室内の食料に対して食害する他、農家などでは畑の収穫前の作物に被害が出ます。コウモリの場合は直接の被害はありませんが、糞害や騒音が目立つ被害となっています。
これらを放置しておくと、そこを餌場として子供まで産んで、更に被害を拡大することが考えられます。
これらへの対処方法の追い出しでは、燻煙式の忌避剤などを使用して、まずは一旦敷地外へとそれらの害獣を追い出します。
その後、家の中などに入られないように侵入防止の対策を取ることになります。
一般的には通気口をパンチングメタル(穴の空いた鉄板)で塞ぐなどする他、農作物などに対しては周囲に電気柵を取り付け、触れると電撃によりびっくりさせ、それにより接近防止を行なうことになるのです。

ネズミの場合

ネズミは鳥獣保護法における保護動物ではありませんから、ハクビシン駆除などと異なり、殺傷を伴う駆除も行なうことが可能です。
ネズミ駆除は衛生面での問題を引き起こすことを防止する役割があります。特に食品を扱う場所、人が暮らす場所では徹底的な駆除を必要とします。
ネズミ駆除には毒餌、箱罠、粘着シートのような器具を使うこともありますし、他の害獣駆除同様に、忌避剤で外に追い出し、侵入口を塞ぐことで建物内から駆逐することも行われます。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ