害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-イタチとハクビシンの違いと駆除の方法

イタチとハクビシンの違いと駆除の方法

悪臭を放つ!イタチの特徴

住宅の屋根裏には動物が潜んでいる気配を感じたことはありますか?様々な害をもたらす害獣として認識されている動物の中で、イタチは多くの被害をもたらす害獣として認識を改めるべきではないでしょうか。イタチの特徴としては、基本的に夜行性ではありますが昼でも活発に行動することもあり、雑食性で農作物はもちろん食べ物も食い散らかすと言われております。しかしながらイタチの被害で最も厄介だと言われているのが悪臭被害ではないでしょうか。イタチの肛門付近には悪臭を放つ臭腺があり、悪臭被害も見逃してはならない所でないでしょうか。愛玩動物のような可愛らしさがありますが性格は凶暴で危険生物なのでむやみに近づいてしまうとケガをしてしまうかもしれません。目撃しても近づいてはいけません。

跳躍力は脅威!ハクビシン特徴

イタチと容姿がよく似てるので間違われやすいのがハクビシンではないでしょうか。ハクビシンは見た目もさることながら夜行性という点もイタチと共通点があり、見分けがつきにくいのですが、イタチにはなくてハクビシンにしかない特徴があります。見た目では、おでこから鼻にかけて白い線があり、「白鼻芯」という名前の由来にもなっています。ハクビシンには、異常とも言える跳躍力があり、その跳躍力は約1メートルを超えると言われております。ハクビシン対策を行ってもなかなか被害が減らないのは、防護柵をも悠々と越えてしまう跳躍力があるからではないでしょうか。ハクビシンも雑食性で食品を食い荒らし農作物を荒らす被害が考えることができます。ハクビシンの駆除は難しく基本的に寄せ付けないようにしたり進入経路を防ぐことが重要になってくるかもしれません。

どちらも侵入を防ぐことが大切

ご自宅の屋根裏には動物が潜んでいる可能性が理解できた所で、これらの害獣対策をしなければなりません。イタチの撃退法やハクビシンの駆除方法には若干違いがあり、どちらも同じ方法で駆除することは難しい可能性があります。法律でイタチのメスは「保護獣」として保護されている保護動物であり、基本的に駆除はできない場合が多いです。なので、イタチの撃退法は基本的に捕獲をするか侵入を防ぐ方法が一般的と言えるかもしれません。ハクビシンと共通の害獣対策で、それぞれが嫌いな匂いや屋根裏口など侵入口などを徹底的に塞ぎ、隙間を無くすことが重要になってくるのではないでしょうか。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ