害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-アナグマ駆除のために知っておきたい基礎知識

アナグマ駆除のために知っておきたい基礎知識

アナグマはどんな動物?

アナグマはタヌキと似ている姿をしていますが、イタチの仲間です。タヌキはイヌ科ですので全く違う動物だということになります。よほど詳しくない限り素人目には、タヌキなのかアナグマなのか見分けることができないかもしれません。体の大きさは約40~80センチ。尾の長さは約10~20センチほどです。見た目の特徴として毛の色は茶褐色と灰色が混じっています。尻尾の形もタヌキに似てるのですが、タヌキより細めな形をしています。
品種にもよりけりですが、アナグマの背中の毛は髭そり用のブラシや絵筆に使われているものもあるようです。日本に住んでいるアナグマはニホンアナグマという品種です。ニホンアナグマは危険を察知すると死んだふりをしてやり過ごそうとする性質があるそうで「タヌキ寝入り」の語源であるといわれています。

アナグマのもたらす被害

主に活動は夜中に行われます。そして雑食です。食欲は旺盛で様々なものを好物とします。ミミズなどの昆虫類を掘り起こして食べたりします。カエルやトカゲを捕まえたり、モグラやウサギを捕まえたりして食べることがあるようです。果物や木の実も好みます。
雑食で何でも食べるため、農作物への被害があります。トウモロコシ、カキ、クリ、スイカや落花生に被害が多いようです。タヌキとは性格が異なり、人の前に姿を現すことはあまりないようです。視力がよくないためだという説もあります。

アナグマの撃退法について

撃退法としては、被害にあっている畑などを柵で囲うなどがあります。電気柵を用いると効果が高いかもしれません。軽い電気ショックで驚かして柵内に入らないようにするもので、人体に影響はない程度の電流なので安心です。音や光を出す装置をつかって驚かし、寄せ付けないようにする撃退法もあります。雑食ですので近隣でアナグマの目撃情報がある場合には、ゴミ箱対策を行うことも被害を避けるためには大切です。周囲に害獣を呼び寄せることがないように餌になるものを放置しないことや、糞尿を放置せず清潔に保つことはどの害獣駆除においても基本的な対策となります。
罠を使って捕獲することも可能です。農作物に被害を及ぼすアナグマもまた害獣駆除でよく名前が上がる動物ではありますが、捕獲した後に個人で退治してしまっていいかというと別の問題になります。鳥獣保護の対象になっている場合は個人の判断で退治してはいけません。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ