害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-モグラの被害について

モグラの被害について

モグラの種類と特徴

モグラによる農作物被害などに合われてお困りの方、モグラの種類についてご存知ですか? モグラは日本国内であれば『アズマモグラ』・『コウベモグラ』のどちらかによるものである可能性が非常に高いです。これら二種類のモグラですが生息域が地域で分かれているとされています。『アズマモグラ』は中部地方よりも北側、『コウベモグラ』は中部地方よりも南側に分布しています。
そんなモグラの特徴ですがイメージの通りほぼ地面の中で生活をしています。地面の中でトンネルを作っていますが、これは巣であると同時に、ミミズなど地中に住む昆虫を捕獲する罠でもあります。トンネルの内部には食料をため込む部屋や水を飲む部屋、緊急時に避難する部屋などがあるそうです。
身体的な特徴としてはトンネルを掘るのに必要な鋭利な爪や、耳と鼻がよく効くといったものがあります。また以外にも泳ぎが得意だそうです。

モグラによる被害とは

モグラ被害といっても様々な被害例があります。
農作物被害の中でも、巣内の植物の根っこをちぎる・トンネルを利用してネズミが農作物を食べる・土壌を育てるミミズが餌になるなど被害内容は多岐にわたります。そのほかにも穴の中を雨水が通ることによる土砂の流出や、ゴルフ場やグラウンドがモグラによって荒らされるなど山間部だけでなく市街地にも被害が出ています。

モグラ被害に合った場合は

ではこうしたモグラによる被害にあった場合どうしたらよいのでしょうか。 まず忌避剤を使用することで駆除・撃退ができるかもしれません。忌避剤とは有害鳥獣が嫌がる成分が配合された薬剤のことです。
初めに述べたようにモグラは鼻がよく効きます。その特徴を利用して駆除・撃退を行いましょう。
モグラが嫌がる臭いが出る駆除忌避剤には大きく分けて3つのタイプに分かれます。それは地面に置くもの・直接巣の中に差すもの・直接巣の中にスプレーするものです。雨など水がかかってしまうと十分な効果が期待できませんので注意しましょう。
ほかにもモグラが嫌がる音波を出して今いる巣から別の場所へ追いやる駆除超音波を使用する方法や、トンネル内部に駆除捕獲器を置いて捕獲する方法もあります。
絶滅危惧種のモグラもいるので、注意が必要です。
そういったモグラを捕獲した場合は、自然のある場所へかえしてあげるのが良いとされています。生態系保護の観点から、できるだけ近い場所が望ましいようです。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ