害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-厄介な被害に電気柵が活躍します

厄介な被害に電気柵が活躍します

害獣の中には駆除を法律で規制されている種類があります

イタチ、ハクビシン、アライグマといった比較的大型の害獣は、農作物への食害や家屋の汚損被害が大きくなりがちです。
しかし、一旦住み着いてしまったこれらの害獣を駆除しようにも、狩猟対象外の鳥獣に対して危害を加えることは、鳥獣保護法によって規制されています。
ここでいう危害とは直接的な攻撃だけではなく、拘束や威嚇などといった非殺傷の行動も含まれます。
そのため、例えば罠を使って害獣を捕えたり、棒などを振り回して追い出すといった対応も、原則困難であると考えたほうが良いでしょう。
法律の規制範囲内で、害獣側から忌避させるような対策をとる必要があります。

駆除ではなく「避けさせる」という対策

そこで活躍するのが「電気柵」です。
電気柵と聞くと、人によっては触れると感電して身体がビリビリと痺れるようなイメージをもたれるかもしれません。
あるいは、コンビニなどの軒下に設置された誘蛾灯の下で、黒焦げになっている虫を思い浮かべる方もいるでしょう。
しかし、適切に設置された電気柵であればそのような危険はありません。
一般的な害獣忌避用の電気柵は、複数の支柱の間に張り巡らされたワイヤーなどの金属線に弱い電流が流れていて、触れるとパチっとした刺激を感じる仕組みになっています。
感覚としては、毛糸の衣類を脱ぎ着した際に感じる静電気の放電程度の刺激です。
この刺激は野生動物にとって自然界で経験することの非常に少ない感覚であり、動物はこれを嫌がり忌避する習性があると言われています。
害獣を殺傷して駆除するのではなく、未知の刺激でびっくりさせるだけのため法的に禁止されておらず、イタチ、ハクビシン、アライグマなどに有効な対策とされています。

電気柵の設置には注意が必要です

害獣対策の効果的とされている電気柵ですが、設置の際には注意すべきことがいくつかあります。
弱いものとはいえ電流を流しているあけですから、適切に設置をしなければ思わぬ事故につながる可能性があるためです。
家庭用のコンセントから電源を引く場合、そのままだと電流が強すぎるため電源装置を通して適正な電流に弱める必要があります。
また電線をむき出しにしておく都合上、雑草などが伸びてきて電線に触れると漏電を起こす場合があります。
第三者が無自覚に触ったりしないよう、警告看板を設置するなどして電気柵の存在を周知しておくことも大切です。
電気柵は注意点を把握して適切に使えば有効な害獣忌避効果の見込めます。
厄介な害獣を安全に追い払いましょう。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ