害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-害獣退治にもってこい!直ぐにできる害獣駆除方法について

害獣退治にもってこい!直ぐにできる害獣駆除方法について

害獣の侵入を防止する必要性

害獣の代表的なものに、ハクビシンやアライグマがいます。いずれも高い運動能力を持っています。ほぼ日本全国に生息しているハクビシンは、一見可愛い動物のようにも見えますが、住み着いた天井裏に排泄を繰り返すなどの糞害をもたらします。放置した糞尿が病害虫の発生源になることもあります。
また、アライグマは果物を好みますが雑食のため、果樹園の他に、野菜農園などにも侵入し農作物を食い荒らすことがあります。ハクビシンやアライグマは害獣ではありますが、鳥類保護法によって保護されているため、捕獲したり勝手に殺したりすることはできません。しかし、打つ手がないわけではありません。電気柵や忌避剤の利用で民家への侵入を未然に防止することもできます。

木酢液を利用するメリット

みなさんは木酢液をご存じですか?木酢液とは、炭を焼くときに出る水蒸気や煙を冷やして、液体にしたものです。木酢液は害獣駆除に効果があります。木酢液のにおいを苦手とする生き物が多いため、忌避剤として木酢液を害獣駆除に使えるのです。木酢液に含まれている成分のどれが害獣に効果があるかはまだ解明されてはいませんが、効果があることは確かで実際に、野良猫対策に使っている方もいます。
木酢液の成分は、200種類以上あると言われています。しかし、有害な物質を含んでいることが多いため、自分で作る際には注意が必要です。初期の段階では、有害な成分を含んでいることが多いので、数か月の間、容器にふたをして、3~6か月冷暗所で保管します。その後、液が2層に分かれているはずなので、透明な部分を容器から採取すれば、木酢液のできあがりです。木酢液で品質が高いとされているのは、ナラやブナなどの広葉樹を使ったものです。
電気柵や木酢液は比較的直ぐにできる害獣対策だと言えます。害獣が住み着く前に利用してみていかがでしょうか?

電気柵の適切な利用で快適な生活を

害獣対策には、害獣を敷地に入れさせないというのがすぐに思い浮かぶと思います。敷地に入れさせないために直接効果的なのは、電気柵の利用です。
電気柵とは、軽い電気ショックで害獣を驚かして侵入を防ぐ柵のことです。軽い電気ショックでも、動物は驚き、近づくのを非常に怖がるようになるため効果があると言えます。電気柵というと、人が触れると高電圧で死んでしまうのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、適切な電圧で行えば人間も動物も死に至らせることなく害獣対策ができます。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ