害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-家に入った害獣の正体は!?わかりやすい害獣の見分け方

家に入った害獣の正体は!?わかりやすい害獣の見分け方

侵入した害獣の見分け方

害獣のもたらす被害の中でも、糞尿による被害は多く報告されています。しかし、害獣の見分け方にはフンを見るのが効果的です。今回はそれぞれの特徴をご紹介いたします。

・アライグマ
5~18cm程の大きさで、形は食べるものにより変化します。咀嚼をあまり行わないため、動物の骨や昆虫の羽、種子なども含まれています。アライグマは雑食なためこのような特徴が現れるのです。

・ハクビシン
5~15cmと小型犬のフンと同じぐらいの大きさをしており、丸くて長い形状をしています。果実を好んで食すため種子が混ざっていることが多いです。ハクビシンは同じ場所に糞尿をする習性があるので、天井に染みができることや天井が腐ることがあります。

・イタチ
オスとメスで大きさは変わります。細長く水分が多いです。毛が混じっており、ニオイがとても強いのが特徴です。ニオイが気になる場合はイタチである可能性が高くなります。

・ねずみ
今回は最も被害の多いクマネズミを例に挙げます。クマネズミのフンは1㎝前後で細長い形をしています。ねずみのフンの特徴は小さく、フンを撒き散らすという点です。

・コウモリ
5~10mm程度の大きさで細長い形をしています。パサパサしており、昆虫の胴体などが混ざっているのが特徴的です。ねずみのフンと間違えることが多いので注意してください。

見分ける際の注意点と駆除方法

害獣ごとにフンの形が違うなどいくつかの特徴があります。これらを把握しておくことで家に侵入した害獣を見分けることが可能になるでしょう。
しかし、より詳しく調べるためフンに触れるといったことをしてはいけません。フンに触れてしまうとダニや寄生虫、ウイルスなどの病原菌に感染する恐れがあります。

害獣の被害をなくすためには、害獣駆除を行う必要があります。しかし、ハクビシンやアライグマは、法律により自分で捕獲や駆除を行うことができないのです。このような場合は、駆除を行う際に自治体の許可などが必要になります。被害に遭ったからと言って、勝手に駆除してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性があるので、注意が必要です。

まとめ

害獣は人間の生活に多くの被害をもたらします。被害に遭った際、どの害獣が家に侵入したかの見分け方として簡単な方法はフンの確認です。
フンに触れると細菌が身体に付着することがあるので注意が必要になります。駆除をする際も、トラブルに巻き込まれないよう正しい方法で行うようにしてください。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ