害獣駆除のあれこれ

  • TOP
  • 害獣駆除あれこれ-イタチの好きな食べ物と畑や家畜への影響

イタチの好きな食べ物と畑や家畜への影響

イタチの習性

イタチは雑食性ですが、食欲が旺盛なうえ、動物性の肉を好んで食べ物とします。そのため、ネズミ、トカゲ、ヘビ、カエル、ザリガニなど食べ物は多岐に渡り、自分より大きなニワトリやウサギなども単独で捕食することもあります。そのほか、ヤマグワやサクラ、ヤマブドウ、マタタビの実など植物質のものも喫食します。

そのため、魚や鳥が捕れる池や水辺、河川沿い、湿地帯など自然環境が整った場所を中心に営巣することが多いようです。しかし近年では以前にも増して都市近郊での目撃情報も出ています。食べ物が豊富にある民家周辺に住み着いたり、水の流れていない人口側溝を寝床にしたりするなど、イタチは人間の住む場所でも隠れて生活しています。

そのようにイタチの出現が顕著になってきたことにより、イタチによる被害の数も増えています。たとえば、ペットや家畜がエサとして狙われる、畑の農作物が食い荒らされる、天井裏や床下が糞尿で汚染されるなど、さまざまなケースがあります。

特にイタチは目の前に獲物が現れると、お腹が空いていなくても狩猟するというような習性があるようです。そのため、ニワトリやウサギを目にすると狩猟対象として認識したり、畑になっている果物や野菜を食い荒らしたり、田畑にいるカエルやトカゲなどを捕食するといったことが引き起こされるようです。イタチに油断は禁物です。

イタチによる被害

イタチによる被害をまとめてみました。

・天井裏、床下、屋内での糞尿被害 →悪臭やシミに
・屋外、田畑、ゴミ捨て場での食害 →ペットや家畜の損失に
・ハエやノミ、ダニなどの害虫発生 →病気や感染症の蔓延に

このほか、夜間に自宅内を走り回られることによる騒音被害や、偶然出くわして攻撃され怪我をさせられる被害などがあります。

イタチによる食害は特にひどく、畑の農作物だけでなく見張りの犬や家畜であるウサギなども狙わられるといったこともあります。イタチの性格は凶暴であるため、攻撃されないためにはやはり侵入予防を欠かすことはできません。

イタチの被害を防ごう

イタチの被害を防ぐには、先手を打つことが大事です。とはいえ、農作物を育てている畑や、ニワトリを飼育している小屋で「イタチのエサになるものを置くな」と言っても厳しいものがあるでしょう。

そこで、イタチは嗅覚が発達しているため、嗅覚を突くような忌避剤を用いて追い払う方法を紹介します。

小動物用の忌避剤や害虫用の燻煙剤や忌避剤、木酢液クレゾールせっけん液などを設置します。時間が経つほど薄れていくため、イタチを臭いに慣れさせないためにも何度か交換を繰り返します。家にあるもので、漂白剤や酢でも代用できます。忌避剤ほどの効果は期待できないかもしれませんが、頻繁に交換することによって効果を持続させることができるでしょう。

なお、木酢液、燻煙剤、漂白剤、酢は天井裏など室内において使用するといっそう効果が期待できます。屋外では効果が薄まる場合があるため、小動物用の忌避剤を利用してイタチを追い払いましょう。

害獣駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ害獣駆除110番

害獣駆除110番

サイト名 害獣駆除110番
URL http://www.gaijyu-b.com/
TEL 0120-949-085
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

害獣駆除のあれこれ

ページの先頭へ